極真空手とは

【 空手は武道である 】
すべての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。また直接打撃制、無差別による実戦的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です。

【 極真の精神 】
極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとす」という武道の格言から発した名称です。完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」とは、創始者である故大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。また一方では、極真の挨拶「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。心身を練磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、実生活に活かされると信じます。

【 連盟概要 】
国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」という極真精神を礎とし、極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛錬をはかり、社会貢献を遂行するものである。
さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、性別、年齢などによる偏見差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。

【 連盟規約 】
名称
当連盟の名称は『国際空手道連盟』とする。
『国際空手道連盟』と『極真会館』は、極真空手道を推進、普及させる目的において表裏一体である。
創始者及び代表者
1.創始者:国際空手道連盟極真会館及び極真空手道の創始者は、大山倍達(1923〜1994)である。
2.代表:当連盟の代表者は極真会館の館長を兼ねる。
3.代表者名:当連盟の代表者は松井章圭である。
総本部
当連盟の総本部の所在地は日本国東京とし現住所は、
〒171-0021東京都豊島区西池袋2-38-1
TEL:03-5992-9200/FAX:03-5992-9600
目的
1.極真空手道を通じての武道教育をもって、社会貢献を実現する。
2.国際交流を持って、全世界の平和友好を推進する。

【 連盟規模 】
国内
総支部数:101ヵ所(含む、本部直轄道場)
総道場数:900道場(含む、同好会)
実働会員数:50,000人
累計会員数:600,000人
※2009年現在
        海外
           総支部数:170ヵ所
           総道場数:6,500道場
           実働会員数:800,000人
           累計会員数:12,500,000人
           ※2009年現在

top page

国際空手道連盟極真会館総本部

ICHIGEKI OFFICIAL SITE

facebook

国際空手道連盟極真会館
静岡駿河支部
静岡瀬名・静岡城北・
清水長崎道場
Tel. 054-247-1501