国際空手道連盟 極真会館館長

松井章奎 (まつい・しょうけい)

国際空手道連盟 極真会館館長

極真空手の創始者故・大山倍達に憧れ中学時代に極真会館入門。
恵まれた素質と不断の努力により、たちまち頭角を現す。若干17歳で全日本大会に堂々4位入賞し、非凡さを世に知らしめた。第17回、18回、全日本大会優勝。翌年の第4回世界大会をも制すという偉業を成し遂げ、その俊敏にして華麗な組手は空手界の貴公子と呼ばれ、多くのファンを魅了した。
また極真界きっての荒行、百人組手を達成し、いよいよ真の武道家としての基礎を確立。その後、後進の指導にあたりつつ、大山総裁の哲学を学んだ。
大山総裁の死去に伴い、その遺志を継ぎ、国際空手道連盟極真会館の館長に就任。
現在、世界の極真会館組織の運営と益々の極真カラテの発展を目指し、東奔西走の日々を送る。

1963年 1月15日東京に生まれる
1976年 6月12日13歳で極真空手に入門
     入門後約一年で初段取得
1980年 17歳で第12回全日本大会に初出場第4位入賞
1981年 第13回全日本大会3位
1982年 第14回全日本大会3位
1983年 第15回全日本大会8位
1984年 第3回全世界大会3位
1985年 第17回全日本大会優勝
1986年 4月、中央大学商学部経営学科卒業

5月、空手界最大の荒行といわれる「百人組手」を完遂 11月、第18回全日本大会優勝
1987年 第4回全世界大会でついに優勝を修める
1992年 5月、本部直轄浅草道場を開設して支部長となる
1994年 5月、大山倍達総裁の生前の遺志に基づき館長に就任
現在、組織運営のかたわら世界各地を訪問し、技術指導、後輩の育成にあたる。


現役選手時代全56試合の通算成績は50勝6敗、
第17回全日本大会から第4回全世界大会にかけての3連覇の記録は
極真史上に残る記録となっている。

top page

国際空手道連盟極真会館総本部

ICHIGEKI OFFICIAL SITE

facebook

国際空手道連盟極真会館
静岡駿河支部
静岡瀬名・静岡城北・
清水長崎道場
Tel. 054-247-1501